マダムな生活      La vie en France

海外生活便り。 パリジャンの夫と転勤先の南米で出産した長男との暮らしを綴りながら、南仏プロヴァンス、時々、パリからのフランス情報&雑学。夫の転勤で現在はマルセイユ在住。太陽燦々のもと、地中海と南アルプスを堪能しながら、仕事も子育ても自分の時間も、と握力たくましく日々過ごしてます。そんな中での、ほーっとひと息時間の空気を共有していただけたら・・・©2006-2020 Kimiko BOTTI [www.lavieenfrance.com] [kimikobotti.blog.jp] Tous droits reserves./All rights reserved.

      パリの近況 : 昨日、半年ぶりに戻った。(マルセイユから850km、何事もなければTGVで3時間ちょっとなので、日帰りできる距離感だから、以前なら気軽に上パリと呼んでたけれど…すっかり遠のいていた)昨春の2か月のロックダウンの後、夏の夫の実家への帰省時もそうだったよう ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      お料理に興味津々な15歳女子たちが、マカロンみたいにお寿司を作ってみたいというのがお題だったので、野菜使いを提案したお料理アトリエ。相談を受けたのは11月の秋休み明け。現況を鑑みながら、じっくり考えた。(※記念写真の瞬間だけマスクをはずしてもらいました)参加者 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      「お替り!」と、いつもどおり元気にお茶碗が掲げられたので、「これも載せておくね」1年半ほど前から、インスタグラムに日仏ハーフの息子のためのレシピのアカウント(名前もそのままフランス語で)を持っている。2019年の9月に腹部の激痛で救急搬送されてそのまま入院となっ ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      ちょっと話は前後するけれど、大晦日は朝からどしゃ降りの雨で…それでも、お正月3が日に飾る花が買いたくて、正午ギリギリに意を決して出かけた。雨なのにマルシェ?と思うでしょう。私も、雨が降ったときには市場は立たないと長いこと思いこんでいた。1年のうち300日は天気 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      一年の計は元旦にあり、と言うけれど…2021年の朝はクロワッサンで始めた。特に深く考えず、ごくごく普通の休日の朝ごはん。フランスでは、男性が買ってくるのが伝統。お昼ごはんは、和風。クリスマスのテーブルリースにしていた松と柊を解いて、お正月用に買ってきた葉牡丹 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      雨降りな大晦日。それでも、マルシェにはいくつか軒が出ているというので出かけたら、うんと久しぶりに水菜に遭遇した。これで1ユーロ。嬉しい!昨日はオーガニックの店で山芋を手に入れられたので、山盛りサラダにもできる。贅沢な話だけれど、魚介もお肉も口にできるいつも ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      Bleu, Blanc , RougeLiberte, Egalite, Fraternite 出張していた夫に、いつも私が撮る場所を通るごと写真の収めて持ち帰って貰った。東京の賑やかなイルミネーションを恋しく思いながら、毎年ぼんやり眺めていたパリの光が、思いのほか力強いのに初めて気づいた。クリスマス ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      Operation ≪ boite e a chausseurs ≫チャリティーは、誰かのために何かをするというよりも、そうすることで自分を幸せにしているのだといつも思う。毎年クリスマスに向けての学校が呼びかけるチャリティーは、とても心温かい。病気で入院してる子供のためだったり、その両 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      数年前に既に出ていた『レキップ紙特別編集』伝説ひと: マラドーナ紙の持つ質感は、なんとも、いい。一夜明けて、神の死と言うタイトルがついたり、いろんな新聞の一面を往年の写真が飾っているけれど、私はこの1枚が心に響く。息子の書棚から引っ張り出してきた。Kiosque で ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      【上馬の伯母のレシピ】 ブロッコリーのカレーマヨグラタン日本に帰れないまま1年過ぎてしまったこの頃、そういえば、ブエノスアイレスで妊娠出産したので1年半以上帰れなかったことがあって、その間に伯母が亡くなった知らせを受けても、とても遠く切なかったことを思い出 ...
        このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

      このページのトップヘ