マダムな生活      La vie en France

海外生活便り。 パリジャンの夫と転勤先の南米で出産した長男との暮らしを綴りながら、南仏プロヴァンス、時々、パリからのフランス情報&雑学。夫の転勤で現在はマルセイユ在住。太陽燦々のもと、地中海と南アルプスを堪能しながら、仕事も子育ても自分の時間も、と握力たくましく日々過ごしてます。そんな中での、ほーっとひと息時間の空気を共有していただけたら・・・©2006-2017 Kimiko BOTTI [www.lavieenfrance.com] [kimikobotti.blog.jp] Tous droits reserves./All rights reserved.

      写真は、Salon du Mariageサロン・デュ・マリアージュの広告。結婚(式やパーティー)のための展示イヴェントで、今、ちょうどマルセイユのあちこちに貼ってある。初夏に結婚するカップルの多いフランスなので、今から準備すると、ちょうどいい感じ。そう、本当は ...

      【ガレット・デ・ロワ月間続行中♪】  本日の我が家の4時のおやつ。Devinez, c'est un gâteau ou une galette?  南仏スタイルのブリオッシュ、伝統スタイルで知られるフランジパンのパイ、どちらが入っているでしょう?写真は、TRIP'Sトリップスで紹介させていただいたマ ...

      そんなわけで、大晦日は飽食なフランス。夜更かしして、何度も乾杯してから眠りにつく人が多いので、新年の朝はとても静か。朝ごはんもいたってシンプルなふだん通り・・・でも、我が家は、お雑煮とおせちから始まる。別に、子どもに日本文化を教えたいとか、自分の ...

      Bonne année! 2017 あけましておめでとうございます 【フレンチ素材で気軽に和食】 今年は、かまぼこを自分で作ってみました。 南米ブエノスアイレス在住時代に、現地の日系人お店の手作りを買っていて、作り方もざっくり教えていただいていたんですが、なかなか ...

      そんなウイスキーだけではなくて、この頃では、(そこそこの広さの)たいていのスーパーマーケットの一角で見かけるようになっている、寿司コーナー。これが、店舗によっては、意外なほど美味しい(のは、先日も書いた通り)。(しつこいようだけれど)夫の不慮の怪我で、 ...

      そんなわけで、足甲骨折の夫は外出ドクターストップなので、ずーっとマルセイユで過ごしている我が家。家から出られないと思うと暗くなるけれど、だったら、いっそ人に来てもらえばいいだけのこと・・・という発想の転換をして、週に1度はアペロの企画開始。夫が動けないこと ...

      今年の"想定外"のハイライト!は、9月末の引越し。(そのいきさつや経緯は追ってまた詳しく書くとして、)躊躇したたったひとつのことは、滞在許可証も変更手続きをしなければいけないこと。そう、つまりまた、プリフェクチュール(各地方の警察署)のあの行列に何 ...

      先入観を取り払うと、可能性と世界観はぐっと広がる・・・と書くと、なんだか大仰に響くけれど、フランスでもすっかりポピュラーになっているL'Origami折り紙のエピソード、を。12月1週目の金曜日、(4年前の息子の担任だった先生と)約束していた通り、小学校4年生のク ...

      さて、お餅だけは準備OK!な今年のお正月。写真は、パリの日本食材店からお"取り寄せ"したもの。夫が右足甲を骨折したのは12月3日のことで、とりあえずは(先日綴った通り)数日間を乗り切ることで精一杯。それでも、10日間ほど乗り切れば、後半はパリの実家で過ごすか ...

      実は、夫が足の甲を骨折して、全治1ヶ月の安静中・・・よりによって、怪我したのは、私の大事な仕事の3日前の土曜日。週末の買出しは彼が行ってくれるはずで、煮込み料理の作りおきは出来ていたし、あとはピザの宅配を頼んで、クリスマスツリーとクレッシュを飾ってと ...

      このページのトップヘ