マダムな生活      La vie en France

海外生活便り。 パリジャンの夫と転勤先の南米で出産した長男との暮らしを綴りながら、南仏プロヴァンス、時々、パリからのフランス情報&雑学。夫の転勤で現在はマルセイユ在住。太陽燦々のもと、地中海と南アルプスを堪能しながら、仕事も子育ても自分の時間も、と握力たくましく日々過ごしてます。そんな中での、ほーっとひと息時間の空気を共有していただけたら・・・©2006-2018 Kimiko BOTTI [www.lavieenfrance.com] [kimikobotti.blog.jp] Tous droits reserves./All rights reserved.

      #実は結構忙しい 、、、とインスタ写真に載せた通り、慌ただしくも充実している近況報告を。この秋の新年度、Association 立ち上げました。名前は、ALL THAT JAPON オール・ザット・ジャポン。日本のすべて、お識らせします。フランスはもとより、各国と世界中の日本(人と文 ...

      フランスの嬉しい習慣の1つは、週末の朝、男性が焼きたてのパン買ってきてくれること…と書いたけれど、つまり、夫が出張中は、その特典がない。でも、この秋から高校生になった息子が、買い置きのトースト用パンでちゃちゃっと用意してくれた。これは、普段から、キッチンを ...

      居酒屋のおつまみみたいだけど、ビストロで前菜としてメニューにも載っているひと品 friture de Jols ジョル(という、地中海名産の小魚)の唐揚げ。知る人ぞ知る、マルセイユ名物料理のひとつ。食感は、ソフトシェルクラブや川エビほどには硬くなく、わかさぎほどにはやわらか ...

      MerveilleuseSoiree : l’inauguration de ≪ Auchan gourmand ≫ au Nouveau Centre Commercial Prado.マルセイユに住んでてよかった! 、、、と心と胃袋奥底からの感じた、本当に気持ちのいいサービスととびきりの品揃えだったあるグルメスーパーマーケットの正式お披露 ...

      フランスの女性はいくつになっても女であることを忘れない、と言う描写をよく見かけるけど(私も過去に書いたかもしれない)、それは、女として魅力を評価されたいというより、自分の心のままにいるだけで、100人いれば100通りの外見、100通りの暮らしがあって、ステレオタイプ ...

      料理は、愉しい。夫のためのダイエット弁当を作るのは、彼を喜ばせるためというより、自分が楽しんでいる。毎日の義務ではないし、しないならしなくてもいいものなので楽しめているんだと思う。今のところ、週に3回。朝晩は具沢山野菜スープから始め、週末ランは欠かさない。 ...

      さて、新年度開始から早1週間。リセアン(高校生)なった息子は、とにかく忙しい。こちらの高校生は、選択授業があるせいもあるけど、時間割はちょっと大学の授業みたいで、クラス同じ事ない友達とも相変わらず一緒に過ごせる一方で、それぞれの日の始まりや昼休みの長さ、終わ ...

      日本のお鮨屋さんの味噌汁へのオマージュ。時々作っているけれど、友達のお土産のいいお味噌で仕立てたら、とびきり美味しく出来上がった。 フランスの魚屋さんに並ぶ海老は有頭殻付きのままなので、料理するには下ごしらえの手間がかかるけど、自分で洗って、美味しい部分も ...

      そして、マルセイユの知られざる名店というのは、テラスもないし、小洒落てもいないけど、とにかくシンプルで美味しい。フランスの南の玄関口、地中海の街だから魚介類?と思うでしょう。でも、サイトもなければ予約もできないのに行列すらできるひとつはこちら。ピザとイカ ...

      新年度最初の土曜日、朝寝坊して起きたら、息子は友達との約束に、夫はジョギングに出かけるところだったので、用意してもらっていたエスプレッソだけ飲んで、シャワーを浴びて、見逃していたドラマの続きをつけながら、キッチンに立った。といっても、今週末は、特になんの ...

      このページのトップヘ