マダムな生活      La vie en France

海外生活便り。 パリジャンの夫と転勤先の南米で出産した長男との暮らしを綴りながら、南仏プロヴァンス、時々、パリからのフランス情報&雑学。夫の転勤で現在はマルセイユ在住。太陽燦々のもと、地中海と南アルプスを堪能しながら、仕事も子育ても自分の時間も、と握力たくましく日々過ごしてます。そんな中での、ほーっとひと息時間の空気を共有していただけたら・・・©2006-2014 Kimiko BOTTI [www.lavieenfrance.com] [kimikobotti.blog.jp] Tous droits reserves./All rights reserved.

      ヴァカンス2週目、火曜日の朝ごはんは、焼きたてBaguetteバゲットのTartineタルティンヌ(トーストしたパンに、ジャムやパテなどを塗りつけたもの)。オーヴンでさっき焼き上げたばかり・・・といっても、粉からこねたわけではなくて、半分既製品。そう、冬時間になると ...

      フランスの食卓にケーキやタルトがテーブルに並ぶのは、ごくごく日常的なこと。市販品でも手作りと同じぐらいの金額で手に入ったりもするけれど、ちゃちゃっと作ってしまう家庭も多い。それは、たぶん、計量スプーンやカップなどの専門器具がなくても、どこ ...

      10月最後の週末は、冬時間への切り替えの夜。今年のその日曜日は、26日。午前3時になったら、時計の針を1時間戻して、午前2時に。そう、1時間多く眠れるのが嬉しい。オリーヴの木陰で、陽射しを避けて過ごしていた日々から、木漏れ日浴を愉しむ日々へ・・・日本との時差は、 ...

      太陽燦々の南仏・マルセイユ暮らしで閉口するのが、Le Mistralミストラル(強い北西風)。暖かい季節には気にもならないこの存在、気温のぐっと冷え込む時期になると、急に存在感が増してきて、「ああ、今年も、ミストラルに苦しむ時季になったわね」が、朝の挨拶代わりにな ...

      もう7年前にもなるけれど、(前)大統領が、「毎年10月22日に全ての高校生に読ませるように」と発令して、折りしも、それが、大統領就任後の初の発令でもあったこともあって(余計に目立ち)、教師たちの中では(政治的にや様々な背景も踏まえて)反発の声も上がっている一 ...

      ヴァカンス最初の月曜日、ゆっくりお昼ごはんの支度をしていたら、子ども部屋でのんびりしていたはずの息子がキッチンに息弾ませて来た。「ママ、面白いよ。窓の外見て!」彼が驚きと興味でいっぱいなのは、外壁を補修している職人の姿。「ママ、サーカスみたいだね」と面白 ...

      《フランス暮らしの歳時記》 あと1週間で冬時間に切り替わるフランス。この時季の花のマルシェでは、シクラメンと並んで、パンジーやビオラの苗がズラリ。どちらも混ぜても色の組み合わせ自由で、10株で4ユーロほど。 冬を越して春まで愉しませてくれる花なので、飛ぶよ ...

      少し前の話になってしまうけれど、スーパーマーケットでの出来事。日清の焼きそばの欧州版Sobaがセール、le 2eme à 50%(つまり、2つ買えば1つは半額)だったので、買い置きしておこうとカートに入れた。でも、レシートを見たら割引になっていない。フランスの場合、 ...

      Mercredi水曜日, Jeudi木曜日, Vendredi金曜日・・・J-3!!!フランス語の新聞や看板などで、時々見かける"J-X"というのは、"○○まで、あとX日"という意味で、毎日数字が小さくなっていくカウントダウン方式だと、ボジョレー・ヌーヴォーのときに書いた記憶があるけれど、大事 ...

      陽射しがぐっと和らぐこの季節に、ちょっとお薦めしたい Chocolatierショコラティエ・Pierre Marcolini ピエール・マルコリーニならではのInfusionノンカフェイン・ショコラ。紅茶みたいだけれど香りはチョコレートそのもので、ナチュラル、シナモン、そして、(なんと)ジャ ...

      このページのトップヘ