マダムな生活      La vie en France

海外生活便り。 パリジャンの夫と転勤先の南米で出産した長男との暮らしを綴りながら、南仏プロヴァンス、時々、パリからのフランス情報&雑学。夫の転勤で現在はマルセイユ在住。太陽燦々のもと、地中海と南アルプスを堪能しながら、仕事も子育ても自分の時間も、と握力たくましく日々過ごしてます。そんな中での、ほーっとひと息時間の空気を共有していただけたら・・・©2006-2017 Kimiko BOTTI [www.lavieenfrance.com] [kimikobotti.blog.jp] Tous droits reserves./All rights reserved.

      さてさて、今日は、今年最初の母の日(日本は5月の第2日曜だから)。したかったことは、お昼寝。で、起きたらスプレーカーネーションの花束があって・・・午後6時の急拵えのアフタヌーンティーもどき。マカロンは、自家製! 昨日Atelierお教室で習ってきたばかりのもの。 ...

      運を天に任せて・・・ 夫の投票に同行するのは、ずっと習慣。だから、選挙管理の人たちとはすっかり顔なじみ。でも、正式に結婚していて、永住許可も出ているけれど、日本国籍を択んでいる私には、投票権はない。 これを書いている今は、22時半。結果はもう出ていて ...

      フランスにGWはないけれど、5月1日はメーデー(労働者の日)なので休日。今年は月曜日に当たったので3連休。パリでは激しいマニフェスタシオンもあるのが恒例なのに対して、ここ南仏マルセイユでは、もうひとつの祝日と謳われているほうのスズランの日の空気の方が濃い。ス ...

      ただ今、2週間(ずつ)の春休み中、なフランス。約6週間ごとに2週間の学校休暇のある習慣は、子どもが小さいうちこそ「早寝早起きの習慣が崩れる」と不満だったものの、成長するにつれて、親も嬉しい(と年長の子を持つママン仲間たちから聞いてはいたのを年々実感)。旅行 ...

      フランス礼賛本がどんどん出るのをなんだか嫌な思いでいたけれど、フランス批判がSNSに流れるのもなんだか悲しい今日この頃。それぞれ、本当にそう感じているのかもしれないし、商業l的な思惑があるのかもしれないし、視点や主観は人それぞれ。ひとくちにフランスの素顔と ...

      Pâquesイースターには卵の殻にカラフルな絵付けをしたものを作るのは、フランス家庭ではよく見かける習慣で、ちょうどその前の3月は雨が降ったりお天気が悪いことも続くので、水曜午後や週末のママンと子ども達のいいアクティビティになるのは以前も書いた通り。プラスチ ...

      フランス人は、TVを観ない。・・・というか、自称テレビ嫌いは(昔ほどではないとはいえ)よく見聞きする。確かに、日本や米国みたいに、シーズンごとのドラマシリーズも稀だし、コマーシャルもそう予算がかかっていない。ここ数年は車に関する法改正が続いたせいもあ ...

      幸せなフランス人はパンを捨てない・・・と、よくあるフランス礼賛タイトルみたいだけれど、実際、私の周りの多くのフランス人はパンを捨てない。べつに、なにか特別な信念を持っているわけではなくて、日本人がごはん粒を大切にするのと同じような感覚。パンもパ ...

      気づいたら、断酒して3ヶ月! これが、案外快適で、自分でも驚いているところ。"禁"酒でなく"断"酒なのは、水道の蛇口を閉めたままなだけみたいな感覚だから。ワインもリキュール類も、相変わらずいつもの場所にあるし、飲みたいと思えば(蛇口をひねるみたいに、栓を ...

      さて、これは何でしょう?この写真は、Marseille マルセイユの玄関口 Gare St.Charles サン・シャルル駅構内で撮ったもの。ParisパリのGare de Lyon リヨン駅(紛らわしいけれど、パリには大きな玄関口の駅が6つあって、それぞれに名前がついているうちのひとつ。だから、 ...

      このページのトップヘ