マダムな生活      La vie en France

海外生活便り。 パリジャンの夫と転勤先の南米で出産した長男との暮らしを綴りながら、南仏プロヴァンス、時々、パリからのフランス情報&雑学。夫の転勤で現在はマルセイユ在住。太陽燦々のもと、地中海と南アルプスを堪能しながら、仕事も子育ても自分の時間も、と握力たくましく日々過ごしてます。そんな中での、ほーっとひと息時間の空気を共有していただけたら・・・©2006-2017 Kimiko BOTTI [www.lavieenfrance.com] [kimikobotti.blog.jp] Tous droits reserves./All rights reserved.

      フランスのスーパーマーケットでは、ポイントカードも特売セールもあるけれど、しくみがちょっと違う。"お買い得"と謳って値下げするのは同じだけれど、同じ商品を複数買った場合が対象で、2個目や3個目が無料、または、70パーセントオフだったり、半額だったりという ...

      【フランス暮らしの雑学】 日本との時差、今日3月26日から7時間になります。早く寝ないと、今夜は1時間少ないフランスです。3月最後の日曜日の今夜は、#夏時間 に切り替え。午前2時が⇒午前3時に。iPhoneやアンドロイドは勝手に切り替えてくれるので安心な時代。便利に ...

      そうして、向かったのはMusée Cantini カンティーニ美術館。CIRVAシルヴァ特別展"Une Maison de Verre"(詳しくは、こちらのTRIP'Sトリップス記事で)のInaugurationプレミア・レセプションへ。ちょうど、メトロの駅で偶然、グレン・ミラーを聴いたせいもあるけれど、 ...

      通勤路の嬉しいサプライズ! 仏製グレンミラー楽団(と勝手に命名)との遭遇。 Paris パリにはあったけれどMarseille マルセイユにはなかった Metro メトロの乗り換えコンコースでのオーケストラ演奏に出会った昨夜。 嬉しくて、の一枚。 先を急いでいたので動画はなし…時刻 ...

      午後5時、マルセイユの玄関口・サンシャルル駅で待ち合わせ。出張する夫に、移動中に摂れるように食事を届け、不要な荷物を持ち帰る。フランス暮らしは、昭和の、戦後間もない頃の奥さんのそれみたいだと、いつも思う。不便だけれど、それを楽しめたら波に乗れる(という ...

      そんなわけで、14歳児が林間学校に行っている6日間のうちに、遅れに遅れていたまま手付かずだった、子ども部屋のブリコラージュを開始。2日がかりで仕上げた勉強部屋の内装は、こんな感じ。壁紙は本人の希望通り、OMブルーとも言われるマルセイユ・ブルー(明るい青、濃い ...

      【フランス暮らしの雑学】  今日はマルディ・グラ!(謝肉祭最終日)。クレープを食べる日。移動祝祭日なので、毎年日付が違って、今年は今日ー2月28日。フランスではお好み焼き感覚で親しまれているのがクレープ。 好きな具財で思い思いに、自宅でも専門店でも。 さて ...

      Pause café du lundi matin de la rentrée ヴァカンス終了。学校再開と同時に1週間の林間学校な息子の出発が早かったので、今朝は5時起き。 そして、朝1番(午前8時オープン)に郊外の日曜大工(といっても、家一軒建てられる素材が揃っている)の大型専門店へ。子どもの ...

      1年はあっという間ではないと改めて感じていた、このスキー・ヴァカンス。というのも、緊急にMRIを受けた息子が、離断性骨軟骨炎で膝の関節の骨が8mmも削れていたのが解ったのが去年の今日。フェイスブックのアルバム機能は、子育ての定期観測みたいで、折々感動させ ...

      【フランス暮らしの雑学】 フランスでも、花粉症に憂う人はいっぱい。たとえば、マロニエ、クリスマスツリー、そして、ミモザ… マスクする習慣がないから目立たないけど、涙目とくしゃみで、その話題になることはしばしば。ところで、ミモザは『冬の花』。色や満開になっ ...

      このページのトップヘ