マダムな生活      La vie en France

海外生活便り。 パリジャンの夫と転勤先の南米で出産した長男との暮らしを綴りながら、南仏プロヴァンス、時々、パリからのフランス情報&雑学。夫の転勤で現在はマルセイユ在住。太陽燦々のもと、地中海と南アルプスを堪能しながら、仕事も子育ても自分の時間も、と握力たくましく日々過ごしてます。そんな中での、ほーっとひと息時間の空気を共有していただけたら・・・©2006-2014 Kimiko BOTTI [www.lavieenfrance.com] [kimikobotti.blog.jp] Tous droits reserves./All rights reserved.

      さて、今日11月第3木曜日は、Beaujolais nouveau ボジョレー・ヌーヴォー解禁。うんと昔みたいに、午前0時になった瞬間に栓を抜いて派手に祝う店は、本国フランスでも珍しくなっていく一方で、何種類ものボジョレーや各地のヌーヴォーをズラリと並べて試飲させてくれる機会 ...

      Poire 洋梨は、熟れ具合によって幅広く味わえるのが嬉しい果物のひとつ。硬い若いものだと、しゃきしゃきしていて、さっぱりした後口とかすかな酸味が美味しくて、ちょっと日本の梨みたい(ちなみに、日本から伝わった梨も存在していて、そちらの名前はNashi)。熟して ...

      このところ、届くものを待っていたり、工事の予約があったりで、(フランスのこうした時間の約束は、時間が全くアテにならないことがほとんどなので、万一を考えて、)日中のほとんどを家で過ごす羽目になる日が続いて、なんだか、お菓子をよく焼いている。小さな不揃いの ...

      冬時間のパリの楽しみ、イルミネーション・・・ライトアップで1番好きなのは、何度見ても飽きないのは、やっぱりエッフェル塔! 午後6時以降は、毎時ジャストからの5分間、星屑みたいに輝くのが、うんと遠くからでもよく見えて、とてもキレイ。モチロン、近くで眺めるのは、 ...

      ・・・そうして、2éme étage(地上3階)を、もう1度ぐるりと一周してから 、やんわりした黄金色に光り輝く階段づたいに1er étage(地上2階)へ。お目当ては、リニューアルされたばかりの1er étage(地上2階)の中でも、鳴り物入りのガラスの回廊。地上3階までロの字型に ...

      そう、エッフェル塔の2éme étage(地上3階)までは、階段でのアクセスも出来るようになっていて、これが、(高所恐怖症でさえなければ)とても気持ちイイのでお薦め。エッフェル塔に上る料金設定には、Sommetまでか2éme étageまでかの2種類だけではなくて、2éme ét ...

      ・・・そんなわけで、エッフェル塔の最上階の展望台へ。事前にWebで購入しておいた前売り指定券は、飛び石連休の間の月曜日の午後5時入場のもの。払い戻しや変更は出来ないので、予定が確実でないのなら、モチロン、その場で並んで買うことも出来るけれど、最上階は(耐久性 ...

      何年経っても変わらない好きなもの・何度でも繰り返したい楽しみはいくつもあって、この眺めも、そう。SOUS LE CIEL DE PARISのタイトルで数年前に綴った、私の好きなパリの1つ。エッフェル塔の足元から見上げるレース飾りみたいな鉄柱。以前載せたのと、ほぼ同じアン ...

      ・・・パレロワイヤル、つづき。パリの公園のほとんどに共通する光景、噴水とベンチ。読書するには空気が冷たすぎるけれど、散歩していたお年寄りが、しばし腰掛けてひと息入れていく姿も。キレイに刈り込まれた並木道は、今でも土のままで、小さな子どもを安心して走らせら ...

      このページのトップヘ