マダムな生活      La vie en France

海外生活便り。 パリジャンの夫と転勤先の南米で出産した長男との暮らしを綴りながら、南仏プロヴァンス、時々、パリからのフランス情報&雑学。夫の転勤で現在はマルセイユ在住。太陽燦々のもと、地中海と南アルプスを堪能しながら、仕事も子育ても自分の時間も、と握力たくましく日々過ごしてます。そんな中での、ほーっとひと息時間の空気を共有していただけたら・・・©2006-2019 Kimiko BOTTI [www.lavieenfrance.com] [kimikobotti.blog.jp] Tous droits reserves./All rights reserved.

      昨日は、お昼を食べ損ねたままの午後1時半、猛烈にお腹が空いてお腹が空いて仕方がなかったので、ちょっと脇道にそれて1ユーロのピザの買い食いをしたのは昨日綴った通り。その後用事を済ませ、一旦家に戻り、洗濯機を回しながら昨日のブログを書いて、再び外へ。帰りは、午 ...

      マルセイユのローマ通りからカヌビエール大通りへ抜けて、左に曲がると、港が広がる。年度末が近づいてきて、初夏の足音と共に観光客がどんどん増える時期。反対側、右に進むとすぐに、メトロのNoailleノアイユ駅の建物が見える露地があって、こちらの喧騒は日常風景。独特の ...

      話が前後するけれど…先週の日曜日、5月12日は日本では母の日。でも、フランスではそうではないので、4月に入ってから、毎週末の食卓で、自己申告してはカウントダウンしていた。日仏ハーフの16歳の息子は、日本語補習校にも通っていなかったし、日本にいる友達たちとLINEは ...

      昨日の夜は…素敵な初めてのこと尽くしだった。「パリ在住の素晴らしい日本女性作家が、マルセイユの書店に来るから一緒に行きましょうよ!」(行かない?ではなく)と、アーチストの女友達に唐突に誘われたのは先週のことで、2つ返事でOKした。フランス人の彼女は日本に行った ...

      l’association All That Japon  オール・ザット・ジャポン協会のサイトをリニューアル更新中です。まだ 完全に出来上がってはいないものの、お問い合わせなどをお気軽にしていただけるようになりました。http://allthatjapon.strikingly.com/取り急ぎ…ご報告まで。 ...

      こどもの日の日曜日、16歳の息子に何が食べたい?と尋ねたら「ハンバーグ」と「ポタージュ」という意外な答え。好物の1つではあるけれど、以前なら、お寿司とか唐揚げとか餃子だったのに、そういえば、そうしたものはこの頃は街のあちこちで食べられる。友達と日本食の店に行 ...

      5月1日は、フランスはメーデーで休日。同時に、女性にすずらんを贈る日としても知られている。幸運を運ぶと言われているすずらん。 中世に、日本から欧州に伝わったそうで、藤や芍薬同様、伸び伸びとポピュラーに定着しているのが嬉しい。新元号・令和の始まりの日に、贈り ...

      昨日のお昼ごはん(たぶん今日も同じ) : 年越し(気分)蕎麦西の果て暮らしでも、カウントダウン感ハンパないこの1週間なのは、フランス🇫🇷も5月1日のメーデーを皮切りに飛び石連休続きだから、すでに夏のヴァカンスに片足突っ込んだ状態になるせいかも。 ...

      そういえば…日本一時帰国中に、おばあちゃんにお使いを頼まれた日仏ハーフ息子。 モロッコいんげんを、間違えて、ふつうのいんげんを買ってきたのは、日本語の語彙力に問題があるわけではなく、普段、ここフランス・マルセイユで食べているのがこれ、だから。Haricots vert ...

      お昼ごはんのために、バゲットと一緒にもうひとつ、フィガテリとヤギのチーズとはちみつ入りのパンを買った。生野菜のより美味しい季節。こってり具材たっぷりのパンとは、とても引き立て合う。Figatelliフィガテリは、コルシカ島名物のドライソーセージだけれど、ここマルセ ...

      このページのトップヘ