マダムな生活      La vie en France

海外生活便り。 パリジャンの夫と転勤先の南米で出産した長男との暮らしを綴りながら、南仏プロヴァンス、時々、パリからのフランス情報&雑学。夫の転勤で現在はマルセイユ在住。太陽燦々のもと、地中海と南アルプスを堪能しながら、仕事も子育ても自分の時間も、と握力たくましく日々過ごしてます。そんな中での、ほーっとひと息時間の空気を共有していただけたら・・・©2006-2014 Kimiko BOTTI [www.lavieenfrance.com] [kimikobotti.blog.jp] Tous droits reserves./All rights reserved.

      LE KIOSQUE THEATREは 、パリの劇場の当日券が半額で買える場所。市内3ケ所にある、パリジャンたちにはよく知られた存在。写真は、マドレーヌ店舗。寺院正面向かって左側の、広い舗道スペースにある、見た目はごくごく普通のKiosque売店と変わらない、とんがり緑屋根の ...

      さて、そんなFalafel ファラフェル。地中海料理が共通しているレシピがいくつもあるように、中東のいくつもの国で愛されている料理の1つだそうで、もともとはイスラエルのひよこ豆のコロッケみたいなものと思っていたら、各国それぞれで少しずつ違うレシピとして存在してい ...

      そういえば、フランスのパン屋さんは、ファスト・フードの元祖みたいなもの。すっかり忘れていた。サンドウィッチやピザ・キッシュなどを売っているだけじゃなくて、サラダやお惣菜も扱っているから、飲み物などとセット・メニューを掲げて、店内(や店の前の舗道部分) ...

      さて、今日11月第3木曜日は、Beaujolais nouveau ボジョレー・ヌーヴォー解禁。うんと昔みたいに、午前0時になった瞬間に栓を抜いて派手に祝う店は、本国フランスでも珍しくなっていく一方で、何種類ものボジョレーや各地のヌーヴォーをズラリと並べて試飲させてくれる機会 ...

      Poire 洋梨は、熟れ具合によって幅広く味わえるのが嬉しい果物のひとつ。硬い若いものだと、しゃきしゃきしていて、さっぱりした後口とかすかな酸味が美味しくて、ちょっと日本の梨みたい(ちなみに、日本から伝わった梨も存在していて、そちらの名前はNashi)。熟して ...

      このところ、届くものを待っていたり、工事の予約があったりで、(フランスのこうした時間の約束は、時間が全くアテにならないことがほとんどなので、万一を考えて、)日中のほとんどを家で過ごす羽目になる日が続いて、なんだか、お菓子をよく焼いている。小さな不揃いの ...

      パリの美味しいもの、いろいろ・・・そう、パリは、何度来ても食べ尽くせないから、優先順位は、マルセイユでは口にできないもの。というわけでのレバノン料理。よく知られるメニューとしては、ファラフェル、フムス、タブレなどなど。そして、モチロン、大きく巻かれ吊るさ ...

      冬時間のパリの楽しみ、イルミネーション・・・ライトアップで1番好きなのは、何度見ても飽きないのは、やっぱりエッフェル塔! 午後6時以降は、毎時ジャストからの5分間、星屑みたいに輝くのが、うんと遠くからでもよく見えて、とてもキレイ。モチロン、近くで眺めるのは、 ...

      ・・・そうして、2éme étage(地上3階)を、もう1度ぐるりと一周してから 、やんわりした黄金色に光り輝く階段づたいに1er étage(地上2階)へ。お目当ては、リニューアルされたばかりの1er étage(地上2階)の中でも、鳴り物入りのガラスの回廊。地上3階までロの字型に ...

      このページのトップヘ